シリーズ「東京の名勝を行く」。
今回は浜離宮恩賜庭園を訪ねました。

旧古河庭園(秋バラ)
向島百花園(萩)
小石川後楽園(紅葉)

に引き続き第4弾。
この度の目的は「菜の花畑」。

* * * 

浜離宮恩賜庭園は新橋駅の近く。
汐留駅が最寄りとのことで、「ゆりかもめ」を使う。

初めてのゆりかもめ。
ちょっとワクワクする。
(新橋-汐留は一駅)

結局、汐留駅を降りて迷い。
後から新橋駅からも十分歩ける距離であることを知る。
あちゃー....。

まあそれはさておき。
何とか庭園に到着。

浜離宮恩賜庭園
 
新橋界隈らしい、360度ぐるっと高層ビルに囲まれた公園だった。
もともとは徳川将軍家ゆかりの場所とのこと。 

梅(雲の谷)

梅もなかなかに見応えあり。
これは確か「雲の谷」という品種。

さて、肝心の菜の花畑。
意外と規模は小さかった。

菜の花畑-1
 
3月14日時点では「咲き始め」。 

 菜の花畑-4

こう言う表現はマクロレンズならではだと思う。
1ヶ月くらい離れていたけれど、やはりマクロレンズが好きだ。

鳥と菜の花

ヒヨドリ(?)がたくさん花に集まっていた。
菜の花をついばんでいる様子。
鳥が花を食べるなんて知らなかった。
しばらくすると、花をくわえたまま「ぴゃーっ」と巣に帰っていく。

菜の花畑-2

梅をバックに撮ろうと思ったけれど、これはイマイチ。

菜の花畑-3
 
三百年の松

名物、三百年の松。

全体として写真が地味にまとまってしまった今回。
まあのんびりできたから良ししたい。

* * * 

正直、この広さの菜の花畑なら近所にもある。
(千葉県の「なばな」生産量は日本一だし、何より県の花だ。)
しかしここで見るから、良いのである。

そしていよいよ今週末は「昭和記念公園」を訪ねてみる。
立川は余程遠いと思い込んでいたが、そこまででもなさそうだと分かった。
とても楽しみ。

新橋駅のステンドグラス(孔雀)

(おまけ)

新橋駅のステンドグラス「孔雀」。
見慣れた人は目に留めないだろうけど、とても綺麗だった。