初のプロレス観戦。

近所で「いじめ撲滅チャリティプロレス」の試合が開催されるとのことで、行ってきた。

今まで見たことがなかったからワクワク。


いじめ撲滅チャリティプロレスの趣旨は

「本当に強い人はイジメなんかしないし、何度でも立ち上がる!」 

音頭をとるのはプロレスラーの大谷晋二郎さん。
小学校でも精力的に講演されているとのこと。


試合開始ギリギリに会場に到着。
300人ほどの観客。
ローカルとは思えない人出で、まるでお祭り。
子どもたちも多かった。


僕にとってプロレスと言えば『キン肉マン』。
幼稚園のときに大好きで、アルミ製のキン肉マンの弁当箱を使っていた。
記憶に無いが、母に相当ねだったらしい。
 
* * * 

1時間で2試合。
まずは一対一から。 

プロレスのことは何も知らないけれど、
その迫力に夢中で写真を撮った。 

②

デーモン◯◯さんVSナントカさん。
(覚えてなくてスミマセン) 

④
 
①

一進一退の攻防。

⑤

190㎝はありそうな巨体のボディプレス。
…。

③

ヒール(悪役)?と思われたデーモン◯◯さんの勝利。

ただただ、すごかった。

* * *

続いてメインイベント。
3対3の6人タッグマッチ。

大谷晋二郎氏率いる日本人チームの相手は…

⑥

街であったら絶対ビビる。
外国人の恐竜軍団。
左からFromアイルランド、ニュージーランド、ロシア。
特に真ん中の方。195㎝。(牛丼屋で2万7千円も食べたってホント?)
大きい。そして分厚い。

今日はいじめ撲滅チャリティプロレス。

恐竜軍団の圧倒的パワーに勇気で立ち向かう日本人チーム。

⑦

この体格差。

⑨

二人攻撃も。

⑩

場外乱闘まで。

⑧

これは!

クロス・ボンバー

クロス・ボンバーを思い出した。
(キン肉マン:マッスルブラザーズVSヘル・ミッショネルズより)
 
とにかく日本人軍団、大ピンチ。
やはり力の差に為す術なしか-

⑪

「俺に力をくれ!」

かすれる声で大谷晋二郎氏が子どもたちからパワーを集める。
そろってリングを叩く子どもたち。
声援が力に。
倒れても何度でも立ち上がれ!

日本人軍団、反撃開始。 

⑬

体格差もなんのその。

⑫

プロレス先生、大谷氏も魅せる。
巨漢のジェームス・ライディーンを豪快に。 

⑭

そして極めつけ。

⑮

実況:なだれ式ーーー!!! 

あ、あれだ!

テリーマンVS魔雲天~ブレーンバスター

テリーマンのブレーンバスター。
この後テリーは谷底へ落ちたものの。
傷だらけで生還する忘れられない名場面。
派手さは無いが常に最後の最後で逆転するテリー。最高。
(キン肉マン:テリーマンVSザ・魔雲天より) 


そして。

試合は結局、外国人軍団の勝利。
ここで日本人が勝たないのがオトナなところかもしれない。

「勝利を手にするのはたやすいことではない」
「勝つにはたゆまぬ努力が必要」

子どもたちに教えたかったのだろうか。


懐かしいキン肉マンに想いを馳ながら。
初めてのプロレスに大興奮。

そんな週末だった。

プロレス。また観たい。
本場モンはもっとすごいんだろうな。