天の川を見たいと思った。
生まれて一度もマトモに見たことがない。

千葉でも天の川が見られるらしい。
ただし、条件が揃えばだけど。

この前行った鹿野山(九十九谷)も良い。
でも今回は東浪見(とらみ)海岸に向かう。

東浪見海岸は九十九里浜の一番南。
千葉の星空スポットとして知られる場所。

事前に何度も雲の予報をチェックするが、曇り予報は変わらない。
船橋も雲ばかりで星なんて一つも見えない。
しかし今日しかない、と思って出発。

訪問は2016年3月4日の夜から5日の未明にかけて。
4日20時発、22時過ぎ着。


パーフェクトに曇り空


東浪見海岸の駐車場
(駐車場はこの辺り)

東浪見海岸。
着いてみるとやはり曇っていた。

見事な曇り空

見事なまでの曇り空。
これじゃあ雲を見に来たようなもんだ。

さすがに無理か。
一台、また一台と車が帰って行く。
賢明な判断だと思う。

せっかくここまで来たんだ。
雲でもいいから撮っておこう。
そんなこんなで30分くらいが過ぎた。

するとどうだろう。
時折キラっと明るい星が雲間から覗く。
おおっと思う。

東浪見海岸の星空20160305-2

逆に「雲と星」の方が珍しいんじゃないか。
そう思うと楽しくなってくる。

東浪見海岸の星空20160305-3-name

ここには鳥居があって独特の雰囲気。
多くの方が鳥居を入れて撮るのも分かる。

次の雲の切れ間はもっと綺麗かもしれない。
あの切れ間まで、その向こうの切れ間まで...
願うように撮り続け、三時間が経った。

まあこんなもんか。
さすがに粘り疲れて帰り支度。

と、その時。奇跡が起きたのだ。


奇跡の30分。想い届いて星たちが顔を出す!


帰る方向の西の空。
雲がなくなって星が顔を出し始めた。

※スマホの場合は画像クリックで写真が鮮明になります。

東浪見海岸の星空20160305-10-name

雲は西から東に流れている。
僕が撮っていた東~南の空も晴れてくるはずだ。

東浪見海岸の星空20160305-6-name

たくさんの星が見え始めた。
よくわからないけど「ありがとう」とつぶやく。
そしてちょっと涙ぐむ。
真っ暗な中ずっと一人で、本当は怖かった。

東浪見海岸の星空20160305-11-name

撮りたかった景色。
曇りだから星の光は弱い。
実際に見たほうが綺麗だと思う。
晴れてたらそれは美しいんだろうなぁ。
(光の取り入れ方が不足していたのかも)

東浪見海岸の星空20160305-7-name

これなんかは星が結構写ってくれた。

東浪見海岸の星空20160305-8

魚眼ではなく標準ズームでも撮ってみる。
九十九里の海と星たち。

東浪見海岸の星空20160305-9

F2.8でもちょっと足りない感じ。
センサーが小さいから感度を上げるとガサガサになる。

東浪見海岸の星空20160305-5-name

鳥居をくぐって神様が出てきて、星空を見せてくれたのかもしれない。
晴れていたのはほんの30分。
奇跡の30分間だった。

* * *

22時に来て、気づけば午前3時前。
そろそろ月が昇ってくる。
また雲も出てきた。
満足感を胸に、今度こそ帰ることにした。

あ、そういえば。
天の川は見られなかったなぁ。
まあ、それはまた次の機会に。

つくづく、星撮り旅行に行きたいと思う。
長野とか、山梨とか。
山の上もいいな。