伊豆に、日帰り旅行へ。
向かったのは下田市。
ペリー来航で有名な場所だ。

目的は水仙まつり
駅のポスターで見かけて
行ってみようという話に。

訪問は2018年1月14日。
水仙もちょうど見頃を迎えている。


「黒船電車」最高


いつも通り、各駅停車で出発。
急がない。今回はそれが大当たりした。

伊豆急「黒船号」

「黒船電車」が最高だった。
これは伊豆急のリゾート21車両の一つ。

海向きの席、パノラマ窓、ふかふかシート。
極上の乗り心地と思い出を約束してくれる。

「えっ!?本当に普通電車?」
と、不安になるくらい。

一日の本数が限られているらしいが、
行きも帰りも黒船電車だった。
こういう時だけ何だかツイている。

「ふかふかだ~!」
はしゃぎながら、海を眺めて下田に到着。


ほのぼの美しい爪木崎の水仙と海


駅からバスで15分。
爪木崎(つめきさき)は
灯台のある小さな岬。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_12

まず、海がきれいだった。
透明度の高い真っ青の海。


伊豆下田_爪木崎水仙まつり_9

奥には伊豆大島。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_1

柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれる四角い岩。
マグマが冷え固まるときにできたらしい。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_3

丘にそって咲く野生の水仙。
赤いのはアロエの花。
向こう側には灯台が見える。
曲がりくねった道の感じもいい。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_5

ブルーの海、空とのコントラストが良かった。
絶景ではないかもしれないけれど、
ほのぼの美しいなあと思わせてくれる。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_8

水仙の数、若干少なめの気もした。
「昔はもっと咲いてたよね」
と話している人もいた。
野生のものだから、それは仕方ない。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_7

つい同じ場所でばかり撮ってしまう。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_2

縦位置の方がしっくり来るかも。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_13

後ろに大島を入れて。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_6

満足しました。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_14

アロエと灯台。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_11

昼は弁当持参で。
海を見ながら食べると、
また良かった。
のりが風でパタパタ言う。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_10

遊歩道を進んだ先の入り江もGood。

伊豆下田_爪木崎水仙まつり_4

今日のお気に入りの一枚。
二人で何を話しているのかな。



穏やかな下田の街並みを歩いて


予定よりも早く見終わったため、
歩いて駅まで帰ることにした。

6㎞ほどの道のり。
山道を下り、港町を散歩する。

下田港

静かで、穏やかな町だった。
鳥の声と波の音、たまに車の音がするくらい。
港は思ったほど大きくない。

ここに大きな黒船が来たのだから、
さぞかし昔の人は驚いたと思う。

お土産は直売所の椎茸と唐辛子、梅干し。
もっと下田っぽいものを買えないものだろうか。

帰りもゆっくり黒船電車で。
柔らかい座席が、眠りを誘う。

片道5時間。滞在5時間。
何も考えない贅沢。
ゆっくり行く旅もいいもんだ。