奥多摩の紅葉さんぽ後編。
白丸の遊歩道から氷川渓谷へ。
(前編の記事はこちら

白丸湖沿い道は歩きやすい。
普通の道なので、すたすた進む。

しばらく行くと国道に出る。
後はまっすぐ奥多摩駅を目指すだけ。

しかし、例によって方向感覚を失う。
釣り人に訊き、街の人に尋ね。
なんとか目処がついた。

奥多摩の紅葉2015|白丸~奥多摩駅-1(name)

歩いていて、あちこち綺麗。
その度に足を止め、三脚を立てる。

奥多摩の紅葉2015|白丸~奥多摩駅-2(name)

普通の道端なのに、こんなに美しい。
川のある風景、やはり好きだ。

てくてく。
てくてく。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-1(name)

奥多摩駅そば、氷川渓谷に到着。
うんうん、だいぶ色づいている。
ここは日原川と多摩川の合流地地点。

さてどうやって歩こう?
ビジター・センターに立ち寄り、アドバイス頂く。
若い女性スタッフさんが親切だった。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-4(name)

渓谷沿いの遊歩道をぐるり。
真っ赤な楓。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-5(name)

微妙な色具合のも味がある。


奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-3

河原に降りてみる。
黄色い葉っぱが“はらはら”落ちるところを撮ろうと思ったが、難しい。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-8(name)

せっかくなので川自体も撮ってみる。
NDフィルターを使い、ギリギリまでシャッター速度を遅く。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-9(name)

川が多いと、橋が多い。
橋のある風景を何枚か。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-7(name)

コンクリートの橋。

奥多摩の紅葉2015|氷川渓谷-10(name)

吊り橋。
そうそう、ここで川に足がドボンしたんだっけ。

遊歩道をひとまわり。
氷川渓谷も味わい深い場所だった。
派手じゃないけれど、しみじみ眺められる感じ。

お昼まで少し時間がある。
近くの愛宕山(508m)にも登ってみよう。

完全な登山道。
周りはまっすぐ伸びる木ばかり。

奥多摩の紅葉2015|愛宕山-1

そして山頂手前にこの階段。
急な上に200段くらいある。

トレーニングだと思って登る。
これは「もも上げ」なんだ、と。

しかしその後2日間。
太ももの酷い筋肉痛に苦しむことになる。

奥多摩の紅葉2015|愛宕山-2

頂上には塔と神社があった。
それだけがあった。
見晴らしも悪く、感動するには至らず。

あくまで愛宕山はハイキングコースだと思った。
風景写真を撮るには向かなさそうだ。

...

これにて今回の紅葉散歩は終了。
山を下って、簡単に昼食を済ます。

ひたすら撮り歩くこと5時間。
心地よい疲労と満足感があった。

奥多摩駅

さよなら、奥多摩。
また来るよ。

来年はもう少し立川寄りの御嶽駅~古里駅あたりを歩いてみようかな。
こちらも良さげ。

それにしてもHDR、やり過ぎた。
もっと控え目で自然な写真が好きだな。
反省反省。


【奥多摩紅葉さんぽ2015 Special Thanks】

・鳩ノ巣駅前ショップのマスター
・多摩川で釣りをしていたお兄さん
・縁側でお話していたお爺さん方
・奥多摩ビジターセンターのお姉さん
(道を教えて頂いた皆さんです)


※前編も宜しければ併せてお読みください。
→ “奥多摩の紅葉2015|その1:鳩ノ巣渓谷~白丸湖(数馬峡橋)