母の日。

僕にはお母さん的な人が3人いる。
一人は印刷所のYさん。
もう一人はYさんのお母さん。
そして実の母。

Yさんは母より一世代下なので、
「私はそんな歳じゃない」
なんて怒るかもしれない。
まあ、それはそれで。
感謝の気持ちに年齢は関係ない。

* * *

5月13日。日曜日のこと。

まずはYさんのお母さんに花を届けに行く。
北習志野で買ったカーネーションを提げて、
いつもの印刷所へ。

「母の日です」と花を渡すと、
「まあ〜!」と予想以上のリアクション。
しめしめと、うれしくなる。

お母さんは80代後半。
お元気でいる限り、
毎年花を贈りたいと思った。

Yさんはお休みだったので、
こっそりデスクに花を飾っておいた。
今日(月曜)これから出社して来るので、
喜んでくれるか楽しみだ。

* * *

花を届けた後は、実家へ向かう。
料理を母へプレゼントするのが
ここ数年の恒例になっている。

その前に近所のオープンガーデン(※)に寄ると、
オーナーさんが花をおすそ分けしてくれた。
※詳細は後日別記事でご紹介します。

珍しい種類のクレマチスで、
花好きの母は喜ぶだろう。
思わぬところで追加の贈り物ができた。

飯山満のマミーマートで買い出しをして、調理開始。
メインは家にあった『300万人に支持されたオレンジページnetのBESTおかず』を参考に。

「醤油を少し入れた方がおいしいよね」
なんて母と話しながら作るのが楽しい。

「なんか手伝おうか?」
「鍋、洗っておこうか?」
とちょいちょい横から口を挟んでくるのだが、
働かせてしまってはプレゼントにならない。

「いいから。僕のやり方でやるから」
料理をするときは、割と緻密にスケジュールを組む。
すべてを良いタイミングで仕上げたい。
具の冷めたラーメンはおいしくない。

母の日の料理2018

調理時間は、ぴったり1時間半。
予定通りだ。
味もいい位置で着地した。

母は肉をおかわりした後、
すぐにソファで寝てしまった。
きっと満足してくれただろう。

今年もいい母の日を過ごすことができた。
3つも母の日を楽しめた。
良かった良かった。