小湊鉄道に乗ってきた。
市原市の五井-上総中野を結ぶローカル列車。
養老渓谷のほうへ向かう電車。

レトロな雰囲気が人気と聞いて。
ちょっと乗ってみようかと。
ゴールデンウィークを利用して行ってきた。
 

五井駅から出発、里山トロッコ列車を眺めて


小湊鉄道は五井駅から出発する。
千葉駅から、内房線で少しのところ。

小湊鉄道2016年5月5日-3(1日フリーパス)

まずはチケット購入。
乗り降り自由のフリーパス、1,800円。

小湊鉄道2016年5月5日-1(五井駅)

ホームの向こうに小湊鉄道の巣を発見。
ぞろぞろしてると、イモムシみたいだ。

小湊鉄道2016年5月5日-6(里山トロッコ列車)

里山トロッコ列車」がやってきた。
2015年から運行を始めたばかりのイベント車両。
一般乗車ができるほか、貸し切りも可。

小湊鉄道2016年5月5日-7(里山トロッコ列車)

ディズニ◯ランドのジャングル・クルーズのような、オープンな席がある。
晴れた暖かい日には気持ちが良さそう。

小湊鉄道2016年5月5日-2(五井駅)

待っいてた普通車両も到着。
さてさて、いってみましょう。


飯給(いたぶ)駅で降りてみる



小湊鉄道2016年5月5日-5
 
エンジンが「ガラララララ...」と頑張る音。
文字通り、ガタンゴトンと揺れる感じ。
全部ひっくるめて楽しい。
ただ乗っているだけで、わくわくする。

いつもは本を読んだり、寝るだけの電車時間。
ぼーっと、移り変わる車窓の景色を楽しむ。

どこへ向かおうとか、決めていなかった。
雰囲気がいいところで降りてみようと。
行って、帰ってくればいい。

列車の本数は少ない。
奥まると、二時間に一本くらいしかない。
そんなにひんぱんには乗り降りができない。
(恐ろしく待つことになるので)

五井から一時間ほど乗ったところ。
飯給(いたぶ)という駅に着いた。
よさげなので、降りてみる。

小湊鉄道2016年5月5日-8(飯給駅)

さよならー。

小湊鉄道2016年5月5日-9(飯給駅)

ここで降りたのは僕だけ。
トタンづくりの青い駅舎が素敵。

小湊鉄道2016年5月5日-10(飯給駅)

遠くに回ってホームを撮ってみる。
桜の時期は、すごく綺麗で混むらしい。

小湊鉄道2016年5月5日-11(飯給駅)

のどかです。
ゆっくり過ごそう。

小湊鉄道2016年5月5日-12(飯給駅)

戻る電車がきた。
左のおじいさんが、色々と親切に教えてくれた。
飯給、里見、高滝駅がオススメらしい。
また桜の時期に来れたらいいな。

小湊鉄道2016年5月5日-13(飯給駅)

乗りますよー。


上総三又駅、田んぼと電車と



五井に戻る途中で下車。
上総三又(かずさみつまた)駅。
往路で見て、「ここで降りたい」と思った。

小湊鉄道2016年5月5日-15(上総三又駅)

駅舎の渋さもさることながら、
周りが田んぼに囲まれているのがよかった。

小湊鉄道2016年5月5日-13(上総三又駅)

ちょっと歩くと、こんな風景が。
お姉さま方を遠くから撮らせて頂いた。

小湊鉄道2016年5月5日-14(上総三又駅)

レトロな車両に、田んぼが似合う。
撮りながら、ほのぼの。

小湊鉄道2016年5月5日-16(上総三又駅)

さあ、帰ろう。
のんびりローカル列車の旅を楽しめた。
小湊鉄道、よかったです。