3月末で保険の仕事を退職しました。
4月から、新しい仕事をします。
(実家が保険の代理店で、勤めていました)

保険の仕事は家業です。
ほいほい辞めるわけにはいきません。

じっくりじっくり考えました。
そうして出した結論です。


7年間の保険の仕事を振り返って



良かったこと、沢山ありました。
保険の仕事の中で、多くを学びました。

「地域で働く」ことを知りました。
地域で働き、地域で生きる。
その感覚は僕の根っこになりました。

お客様にはいつも親切にして頂きました。
お一人おひとりの優しさが温かかった。

「この保険やってる?」
「○○保険をお願いしたいんだけど」

色々なお声がけを頂きました。
保険は形のない商品です。
人と人との信頼関係で成り立ちます。
お任せくださり、嬉しかったです。

感謝を書けば書ききれません。
大変多くの方にお世話になりました。

地元に戻ってきて本当に良かった。


新しい仕事について



最低でも後30年は働く。
自分は何をしたいのか。何をすべきか。
何が得意で、何をすれば最も人の役に立てるのだろう?

考えて考えて、決めました。
やるしかない。今しかない。

新しい仕事、具体的にはまだ書けません。
実際に仕事をして、暫くしてから書きます。
「言葉」に関わる仕事です。やりたいのです。

また一年生から出発です。
毎日毎日、とにかく一生懸命やるだけ。

まずはチームの役に立つこと。
それから、仕事を通じて人の役に立つこと。
素直な気持ちで取り組みます。

自分が信じた道。
自分で選んだ道。
行けるところまで行ってみます。

新しい年。
新しいスタート。
新しい仕事人生。

初心を忘れず。
ご恩を忘れず。
多くの人に支えられているのを忘れず。

長津川遊水池20160401‐1

行ってきます。