突然の歯の痛み。
歯茎までズキズキと疼く。

鏡を見ると右頬が腫れている。
こぶとり爺さんみたいに見える。

虫歯ならばまだしも、
悪性の腫瘍だったらどうしよう...
考えるほど心配になる。
家では「顎を切る大手術になるよ!」と脅か心配される。

半年に一度、歯の定期健診を受けている。
前回も虫歯ゼロだったのになぁ。
生まれつき歯が弱く、虫歯には気をつけている。

とにかく早く歯医者へ。
小学生の頃から通っている「おいたて歯科医院」 。
東京に居た頃は別の歯医者へ行っていたが、基本的にここ。
土曜も診ていた頂けるのが有難い。

おいたて歯科

外観は昔から変わっていないが、中は随分と変わった。
殺伐とした、いわゆる「病院」のイメージから、今ではパステル調の優しい雰囲気になっている。
キッズスペースもある。

昔は男の先生だった。
今は若い女性の先生で、スタッフさんも全員女性。

受付表には「担当医:追立(おいたて)」とある。
病院の名前はそもそも「おいたて歯科」。
今の先生は前の先生のお嬢様なのではないかと考えている。
父娘二代で診て頂いているのかと思うと、感慨深いものがある。
カルテには、子どもの時に受けた治療の記録も残っているみたいだ。

今の先生はとても優しい。
分かる言葉で丁寧に説明してくださるから、安心できる。
ずっと歯医者が嫌いだったけど、船橋に戻ってきてまたココに通うようになってから、そこまで歯医者が怖くなくなった。

さて診察。

「大したことないですね。消毒しておきますから。しばらく様子を見ましょうね。」

えっ...
すごく心配したのに、あっさりと先生。

あの...頬に「しこり」があるように感じるんですけど、腫瘍ではないですか?

「大丈夫です。ほっぺも健康な色をしています。」 

あぁ、良かった。 
自分に合う歯間ブラシのサイズと使い方を教えて頂き、診察終了。
新しい歯ブラシも買って帰った。

ちなみに頬が腫れていたように見えたのは、ただの「たるみ」だった様子。
たるみ.......
顔のマッサージなんかもした方が良いのかなあ。

* * *
 
新しくはない歯医者だけれど、おいたて歯科は良いと思う。
最近は定期健診を割と楽しみにしてもいる。

歯は失ったら二度と戻らない。
気をつけ過ぎるくらい気をつけたい。