1年ぶりに映画を観に行った。
去年の『アナと雪の女王』以来の映画鑑賞。

どうも誘われでもしないと映画には行かない。
決して嫌いではないけれど、なんとなく億劫で。
家でのんびりDVDを観るほうが楽だなぁと。

でも、たまには映画館も良いな。
なーんて行けば行ったで思うわけで。

今回観たのは『ストックホルムでワルツを』。
スウェーデンの作品。

これは実在したスウェーデンのジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの話。
栄光と苦悩。仕事と子育て。
スウェーデンの地方から世界を目指すシングルマザーのヒューマンドラマ。

* * *

シネマート六本木

というわけで、やって来ましたシネマート六本木
都内では2箇所しか上映していないため、ここまで来た次第。
にぎやかなシネコンともまた違う小さな映画館の雰囲気。 

「男性は1,100円です」

えらく安いなと思った。
月曜日は「メンズデー」らしい。
知らずに来てラッキーな気分。
単純な自分。

ポスター
 
今日観る作品のポスター。 
小さな丸テーブルでビールをすすりながら上映開始を待つ。
映画館で飲むビールはまた旨い。 
(メンズデー割引の分はここで消えた)

劇場

十分前になり、スクリーンの前へ。 
劇場はとても小さい。 
船橋のヨーカドーの中に昔あった映画館くらいの大きさ。 
(懐かしいな)

112分。
実際はもっと長く感じた。

なかなか考えさせられる内容だった。
人生いろいろ。ヴォーカリストもいろいろ。
華やかの舞台の影には様々なものが潜む。

などと書くと暗い映画のように感じてしまわれるかもしれない。
作中で演奏される明るいのジャズの数々。
60年代当時の街並みと文化。
伝記的映画としても面白かった。

ただ、「ざらっとした後味」が残った。
シングルマザー、ジャズシンガーというテーマがそうさせたのかもしれない。

シェル・ベリィクヴィスト
 (写真は映画の公式サイトより)

おじいちゃん役(主人公の父)で出ていたシェル・ベリィクヴィストの演技が良かった。
味があり、言っていることにいちいち「うんうん」と思ってしまう。



次の週末はツタヤにDVDを借りに行ってみようかな。
「DVDが出たら借りて観よう」と思っていた映画、結構溜まっている。
(作品の名前すら忘れていたりするのだが)
コタツでお酒を飲みながらの映画鑑賞も楽しい。