※2017年1月29追記
現在、ランチのみの営業だそうです。



祖母は船橋市本町に住んでいた。
小さい頃、色んなところに連れて行ってもらった。

早朝の船橋漁港を一緒に歩くこともあった。
船溜まりの船の多さに驚いたのを覚えている。
喫茶モナリザなんかも、僕たちの定番スポットだった。

このお店もまた、思い出の場所である。
初めて行ったのは結構大きくなってからだった気がする。

サールナート外観

船橋大神宮そば(蕎麦じゃないよ)。
インドカレー屋、サールナート。

いつも行列。
列のない日は、まず無い。
昔はこんな行列なかったのにな。

子どもの時の自分にとっては、
おそらく人生初の本格インドカレー。

緑色のサグ(ほうれん草)カレーは、
ちょっとした衝撃だった。 

ナンも初めてだった。
いろいろな初体験をさせてくれた店だった。

訪ねたのは二十年ぶりくらいだろうか。
あやふやな思い出を反芻しながら、
のんびり列に並ぶことにした。

* * * 

中は狭い。
記憶よりもだいぶ小さな店だった。
テーブル5つに椅子が12。

ランチセットは2種類のカレーを選べる。
バターチキンと夏野菜のカレーをチョイス。
思い出の?ほうれん草カレーはメニューはなかった。

シェフはインド人ではなく日本人。
新検見川の名店、シタールで修業を積まれたそうだ。

カップル連れが多い。
僕のようにひとりの人もいる。

 サールナート20140721-2

よく冷えた黒ビールでのどをうるおす。
歩いて汗をかいていたから、おいしかった。

サールナート20140721-3

こちらがランチセット。
大きなナンに、ご飯も付く。

男性の自分でも全て食べればお腹いっぱいの量。
お隣の女性は食べきれるのだろうか。

サールナート20140721-4

看板メニューのバタークリームチキンカレー。
普通のバターチキンと少し違う。

煮込まれた野菜の濃厚な旨味。
まろやかな口当たり。
おいしいなあ。

隣の女性に、どこから来たのか聞いてみた。
船橋市内の少し離れた場所に住む方だった。
ここのカレーが食べたくて車を走らせたと言う。 

「あ、ここのカレーが食べたい」
ふとそう思わせるような、
中毒性のあるおいしいカレーではないかと思う。



◆インドカレー「サールナート」

・住所 船橋市宮本5-1-8
・営業 ランチのみ11:30~14:00
・定休日 水曜日(火曜はランチ休み)
・電話 047-426-0231