少し前に「船橋一うまい麻婆豆腐」の店として ご紹介した三国Ryuさん。

麻婆豆腐も旨いのだけれど、もう一つの看板メニューは「火鍋」。

「え?今日火鍋食べないの?」 

前回、お店の劉さんに言われたこの言葉が胸に引っかかっていた。
やはり辛いものは余り得意じゃない。
それでも食べてみたかった、Ryuさんの火鍋。

* * *
 
金曜の夜。
三国Ryuさんへ、再び。 

10月ともなれば夜風が冷たい。
久しぶりに革ジャンを羽織った。

そう言えば。
火鍋を最後に食べたのは去年の8月。
一年以上も経つ。
この時は別のお店だった。
Ryuさんの火鍋は初めて。


「オォー!安藤さん!」 

お店に入ると劉さんが迎えてくださった。
午後八時という中途半端な時間。
ちょうどピークタイムの谷間で、 他には誰もいない。
 
四人での予約。
僕は一番乗り。
ビールを飲みながら待つことにした。
店内には前回と同じく、小田和正が流れていた。

 ビール

早々に鍋に火を入れる劉さん。
カウンターで立ち呑みしながら、アレコレお話を伺う。
こんな時間が好きだ。
アルバイトの女性はシラトさんと仰るそう。

ほどなくして、待ち合わせのもう二人がやって来た。
鍋もいい具合に煮立っている。

火鍋(赤)

赤い方のスープ。
見ただけで舌がヒリヒリしてくる。

「あまり辛くなくしといたヨ」

辛いものが苦手な自分へのお気遣い、感謝。 
苦手なら行くなと言われても仕方ない。
でも、どうしても食べたかった。

火鍋(白)

白い方のスープ。
鶏ガラベースだそう。

ナツメの実の赤、クコの実のオレンジ、ネギの緑。
彩りが美しい。

みんな揃って空腹。
早々に具材を注文。
 
オススメ盛り合わせ

まずはオススメ盛り合わせ。
 
具材を入れてくれる劉さん

「ワタシ、入れてあげる。」 

劉さん直々に具材を鍋に入れてくださった。
順番が大事だそう。

赤いスープ。白いスープ。
どちらも美味しい。
体がポカポカあたたかくなってくる。
 
辛いのに、止まらない。

旨い。

真露のボトルを頼みつつ頂く。
あっという間に鍋は空。追加オーダー。

生ラム

生ラム。羊の肉。
確かに生肉なのだが、なぜ「生」と付けたかが不思議。
臭みがなく赤いスープによく合う。
脂肪の燃焼を助ける効果もあるそう。

スーパー春雨

一番食べたかった「スーパー春雨」。
ぶっとく、きしめんのよう。

スーパー春雨を食べる

太い春雨にスープがよ~くしみて絶品。
モチモチした食感がクセになる。


「ちょっとコレ付けてみて。」

劉さんがおもむろにエプロンを取り出した。

「水持って。写真撮るから。」

新しいバイトさん

「新しいバイトさんだネ」

楽しそうな劉さん。
エプロンを付けた本人も気に入ったらしく、最後までそのままの格好だった。


お腹もだいぶ膨れてきた頃。
今日のメンバーの最後の一人がいらした。
相当の火鍋レベル。 
何をどちらのスープに入れれば良いか、テキパキ教えてくださった。

野菜盛り合わせ

野菜盛り合わせ。
右の「つるむらさき」。炒めては勿論、 鍋に入れてもイケる。

辛い。旨い。満腹。

この日のメンバーは全員が1982年生まれと83年生まれ。
皆ほぼ同い歳。
楽しくて飲み過ぎた。 
途中で眠りこけてしまった。

* * *

個人店は「人」だと思う。
美味しいものが食べたいという以上に、「この人に会いたい」と思ってそのお店に行く。
好きな人が作るものは旨い。

劉さんとはまだ数回しか会っていない。
それでも素朴なお人柄に惹かれるものがある。

三国Ryuさん。
火鍋や麻婆豆腐をはじめとした本場四川料理、ぜひ。

劉さんと

ごちそうさまでした。
また行きます。