一人ひとりが“できること”で復興を応援するイベント。
一方で自分たちが好きなことを表現する場。
個性的なメンバーが創り上げる、アジアンで不思議な空間。

2012年2月4日。

P2042363

浅草のLION BUILDINGをまるごと借りて開かれた「&フェスタ(あんどふぇすた)」。 

P2042330

朝早くから集まったスタッフとボランティアさん。
総勢100人を軽く超えます。

* * *

会場は主に4つにカテゴリ分けできます。
物販、ワークショップ、フード、そして震災の被災地レポート。
すべてが手づくり。

まずは一階の物販コーナーをウロチョロ。
作品はもちろん、個性的豊かな作り手さんたちがまた魅力。 

P2042338

手染めの手ぬぐい。

P2042340

革小物。
世界各国を旅して集めた材料を使っています。
(メンバーには旅好きが多い!) 
フルオーダーのお財布1万円に心は揺れ…

P2042339

本当に器用。手に職、持ってますね。

P2042384

ネイリストのアルマさんのプチサロン。

P2042335

たまごやバター、砂糖を使わないお菓子も。
身近な「マクロビ」の実践。
素材の味が生きていて、どれも美味しい! 

* * * 

3階に上がってみると、いろいろなワークショップが開かれています。 

P2042353

木槌!?を使ったタイマッサージ。
ほかにも足で踏んだり、ねじったり(痛くない?)。 
お客さんはとても気持ちよさそうで、スッキリした顔で帰って行きます。

P2042372

“葉っぱをかじってみてくださいね”
甘いトムヤムクンのような香りが漂う一画。
こちらは手づくりハーブボール体験。
 
P2042394

ヨガも人気。
中には1週間に4日ヨガに取り組む方も。
東洋の神秘。なるほど、姿勢の良い方ばかり。

P2042351

フラワーアレンジメント教室。
作品に個性が出ます。

P2042367

外国の方もチャレンジ。

P2042381

上手にできました!

* * * 

私も(飲んで)写真ばかり撮っているわけには行きません。
「フラワーリース販売」の担当です。

P2042334

こんな素敵な方々と一緒にワイワイと。
道行く人へいざPR。
が、後ろの壁に飾るだけではどうも素通りしがち。
なんとか手にとってもらえるように、みんなであれこれ考えます。

机、持ってきて!
もっとこ声かけなきゃダメよ~

は…はい(笑)

P2042370

近くの雷門へ出張販売も。

P2042387

工夫を凝らし、最後はこんなに華やかな販売コーナーに。
たくさん買っていただき、みなさんの顔にも笑顔の花が咲きます。

このフラワーアレンジメント教室の方々とは、またお会いできる気がします。

* * *

おなかが減ってきたところで-

P2042358

屋上のタコス屋さんへ。
川越から来てくださったカランコロンさん。
遠くは栃木からいらしたお店も。
お話を聴いていて、カフェ・食堂にかける情熱を感じます。

2階もフードブースです。

P2042371
 
気仙沼で拾ってきた貝殻で飾られたバーカウンター。
浦霞はじめ東北のお酒を、気軽に。
お酒担当はやっぱりヒコヒコさん。 いい笑顔。

P2042362

キッチンは大いそがし!
「虹のたね」きっての料理上手が勢ぞろい。

P2042389

ハートランドやジーマと一緒に、手づくりごはんを楽しみます。

P2042365

私もいただきます。
高円寺のカフェ「ぽれやぁれ」さんの「ひよこ豆のトマト&ココナッツカレー」。
トマトの酸味とココナッツの甘さが一緒になって、ふわっと口の中に広がります。

ハァ…うまい…
感動していると、にぎやかな音が。

P2042383

不思議な民族音楽のライブ。

P2042395

珍しいアフリカン・ミュージック。

P2042391

おいしいご飯と刺激的な音楽。 
会場はイスが足りなくなるほど。 
演奏は夜まで続きます-

* * * 

さて今回の一番の目的は被災地へのチャリティ活動。
東北へボランティアへ行ったメンバーから、「見てきたもの」 のレポートがありました。

P2042341

現地の絶えない苦労とともに、人のあたたかさを感じる写真展。

P2042368

スライドを使った活動報告。
マイクを持っているのが「&フェスタ」の主催者、せどさん。
こんなに多くの仲間を集めてイベントをできるのは、ひとえに彼女の情熱とお人柄。

P2042355

テレビでは流れない風景と声。感じるものがあります。

* * *
 
さまざまな個性が織り成す不思議な空間。
情熱が人を呼ぶ。
みんなで何かやるのはやっぱりいいなぁ…と改めて思いました。

メンバーの皆さん、本当にお疲れ様でした。

カメラ&お花担当 安藤

Clip to Evernote


http://blog.livedoor.jp/ando_shinsaku/archives/3830298.html