船橋のドラッカー読書会「ふなドラ」。

今回はご夫婦での初参加をいただきました。

P9250790

“図書館でポスターを見かけて- ”
というのが嬉しいです。

4名とこじんまりではありましたが、ゆっくりと話すことができました。


さて9月の課題本は『プロフェッショナルの条件』。
組織で仕事で、いかにして成果をあげるかを突き詰めた本書。

一人ひとりが「今できること」を自由なトークに乗せて考えます。
会の論点はどれも身近で、即実践したいことばかり。

・ (本に書かれている)当たり前のことが意外にできていない。
・カリスマとリーダーシップのちがい。
・カリスマは流行かもしれない。それでも物事を進める際に必要な場合も。
・相手の言葉でコミュニケーションができているか?
・地域における活動のモデルづくりとネットワークづくり。
・女性の断捨離ブーム?最も難しいのは離れること。

など。
雑談を交えながら、ワイワイと進みます。

自分の仕事となると熱が入ります。
ゆるく、でも真剣に語るドラッカー。

決して難しいものではありません。
一緒に「今できること」を考える材料です。 

仕事を離れ、様々なバックグラウンドの方と話すことに価値があると考えています。


2時間のトークのあとはそのまま図書館Barへ。
こんな感じで盛り上がりました! → 秋の収穫祭Bar&図書館アートプロジェクト

P9250838

読書の秋。
食(酒)欲の秋。

どちらも楽しめるふなドラ

今後は図書館でのチラシ配布など、ひとりでも多くの方に知ってもらえるように工夫を凝らしていきます。

続けて参加したい!の有り難いご感想をもって、今回のレポートとさせて頂きます。
またお待ちしております!


http://blog.livedoor.jp/ando_shinsaku/archives/3569309.html